Visual Studioで構文エラー:__RPC__out_xcount_part が出たとき

Visual Studio 2010 beta特有の問題かもしれませんが、windows.hをincludeしたときに、以下のようなエラーが出る場合があります。

c:\program files (x86)\microsoft sdks\windows\v7.0a\include\objidl.h(11280): error C2061: 構文エラー : 識別子 ‘__RPC__out_xcount_part’
c:\program files (x86)\microsoft sdks\windows\v7.0a\include\objidl.h(11281): error C2059: 構文エラー : ‘)’
c:\program files (x86)\microsoft sdks\windows\v7.0a\include\objidl.h(11281): fatal error C1903: 直前のエラーを修復できません。コンパイルを中止します。

エラー

エラー

これは、objidl.hの読み込み順序が影響しているようです。

プロジェクトの設定→構成プロパティ→VC++ Directories→Include Directoriesで、objidl.hのある以下のディレクトリを追加すると直りました。

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v7.0A\Include

Includeディレクトリの設定

Includeディレクトリの設定

Includeディレクトリを追加

Includeディレクトリを追加

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ