memo: 最近追加したcucumberのstep

何か忘れそうなので最近追加したstepのメモです。

# feature/step_definitions/web_steps.rb
When /^I wait ([\d\.]+) seconds$/ do |sec|
  sleep sec.to_f
end

# feature/step_definitions/web_steps_ja.rb
When /^([\d\.]+)秒待つ$/ do |sec|
  step %{I wait #{sec} seconds}
end

# feature/step_definitions/factory_steps.rb
Given /^Sunspotをreindexする$/ do
  Sunspot.searchable.map(&:solr_reindex)
end

「●秒待つ」は、たとえばディレイをかけたJavaScript動作を待つのに使います。
また、見た目をチェックしたいときや、Ajax関連でデバッグが思うように動かないとき、「3600秒待つ」などと入れて、手でゆっくりと動作確認するのにも便利です。

「Sunspotをreindexする」は、SQLなどから直接データを読み込んだ際にindexingされないので、その対策です。
rake sunspot:solr:reindexと同じようなものです。

あとは、各種stepにsave_and_open_pageを入れまくりました。
「かつデバッグ」より、こちらの方がgemがいらないし直接的で便利な感じがします。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。得意分野はWeb全般、Ruby on Rails、Androidアプリケーションなど。最近はBlinkと格闘中。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(高度10区分)などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ