WordPressをローカル環境等にお引っ越しする方法(XAMPP使いも歓迎)

Webチームのebiです。 以前、EC-CUBEのサイトをローカル環境に持って来たいと言う旨の記事を書きました。 今回はみんな大好き(?)WordPressのサイトをローカル環境に移動させるお話です。 ローカルで作ったものを本番環境に展開させる場合も同じ要領でできます。 加えてただのWordPressのサイトだけではなく、マルチサイト化したWordPressのサイトも扱えるようにすることを目標にします。サーバが動くなら別にXAMPPを使っててもいいですよ。 せっかくなので、あえてVirtualBoxに頼らずWindows上で完結するXAMPPでやってみました。手元のXAMPP(Ver.5.6.21)を用いた時の記録を残しておきます。 ローカル環境の全般的な話はこちらの過去記事も参照してください。 WordPressのマルチサイト化について 先にWordPressのマルチサイトについて簡単に説明をしておきます。 サブドメイン型とサブディレクトリ型の2種類があります。まぁ、どちらも割と言葉通りと言うか、WordPressに限らず使用される話ですね。 どちらの場合もサイト毎に異なるWordPressのテーマを適用させることで、見た目上違うサイトとして運用されていくはずです。しかし、使用するデータベースとディレクトリは同じものを共有することになります。 詳細については、WordPressCodexを見ましょう。 サブディレクトリ型 URLが example.com/site1 や example.com/site2 のような構成になります。 あたかもディレクトリごとにサイト素材が分かれているように見えるURLになると言うことですね。 サブドメイン型 URLが site1.example.com や site2.example.com のような構成になります。 “site1″、”site2″のようなサブドメイン部分でアクセス先を分けます。”example.com”のようなメインのドメイン部分は共有となります。 URLにポート番号を含む運用はやめましょう 何のことかよく分からない人は、とりあえず読み飛ばして大丈夫です。 マルチサイト化する際に、URLにポート番号を含んでいると怒られます。正確に言うと80番と443番以外のポート番号を含むURLが禁止されています。 そのため、ローカル環境でポート番号を使用して複数サイトを管理する(過去記事で紹介)手法はとれません……。 例: http://localhost:2222 、 http://127.0.0.1:2222 みたいなURLでWordPressマルチサイトのローカル環境を管理することはできません。 ローカル環境にマルチサイト化したWordPressサイトを置く場合は、ちゃんとドメイン名を使ったURLでアクセスできるようにしておきましょう。実際のやり方は後ほど解説します。 WordPressをローカル環境に持って来る まずは本番サーバのファイルとデータベースを持って来ます。 ファイルはとりあえずSFTPで持って来てもいいです。ツールは何でもよいので、手に入れれば勝ちです。 XAMPPだったら、 xampp/htdocs/example.local となるようにWordPress本体のフォルダ(example.local)を置いちゃいましょう。 XAMPPのコントロールパネルから、サイドメニューのExplorerをクリックすると、xamppフォルダを開いてくれますよ(いま知った)。 データベースもphpMyAdminから持って来ちゃいましょう。 下図のように、元のデータベースのphpMyAdminからエクスポートしてきます。 圧縮してなければ、 .sql 形式のファイルでダウンロードできるはずです。 この状態ならエディタで編集できますので、エラー等が出た時に直接編集をすることもあります。とは言え、メモ帳を使うのはやめましょう(改行コードが違うので単純に見辛い)。 XAMPPのコントロールパネルから、MySQLを起動した状態で、MySQLのAdminをクリックすると、ローカル環境のphpMyAdminが開かれます。 今度は逆に、先ほどダウンロードしてきたデータベースをインポートをしましょう。 僕の場合、データベースのサイズが大きすぎてアップロードできずにエラーが出てしまいました……。データベースを圧縮するか、phpの設定を変える必要がありますね。 xampp/php/php.ini を開き、 post_max_size … Continue reading WordPressをローカル環境等にお引っ越しする方法(XAMPP使いも歓迎)