Google Translator Toolkitと翻訳メモリ(ノーカット版) : RubyWorld Conference 2013より

こんにちは、hachi8833です。松江から帰ってからなかなか時間が取れませんでしたが、RubyWorld Conference2013で発表した「Google Translator Toolkitと翻訳メモリ」部分のノーカット版を公開します。

本来Rubyとは直接関連のない内容ではありますが、翻訳は開発と密接に絡むことが多かったためか、RubyWorldでは予想外に反響があって驚きました。この資料が何かの役に立てばと思います。

スライドの概要

このスライドは、当日時間の関係上やむを得ずカットした部分を収録し、若干加筆修正を行ったものです。

11/21当日の発表の動画は公式ページの16:00-16:30にて公開されています。

詳細はスライドの発表者ノートに記載していますが、SlideShareでは発表者ノートを公開できないので、スライドだけではわかりにくいと思います。発表者ノートも参照したい方は、Dropbox共有フォルダに同じスライド(PPT, KeyNote)を置きましたので、ここからスライドをダウンロードしてください。

目次

  • Google Translator Toolkit (GTT) の特徴
  • 翻訳メモリの概念について
  • 翻訳メモリの例
  • [追加分]原文が改行で分断されている場合の注意
  • [追加分]スタイルガイド
  • [追加分]プレースホルダについて
  • [追加分]セグメンテーション
  • [追加分]翻訳の品質を高めるには

勉強会のお知らせ

ここで宣伝。今月12月25日19:15より、弊社オフィスにて勉強会「良い設計、悪い設計について議論する会」を無料にて開催いたします。どなたでもご参加いただけます。
詳細についてはatnd.orgのエントリを参照してください。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の半分ほど、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れてそれぞれ一部を翻訳。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好き。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ