Rubyスタイルガイドを読む: 数値、文字列、日時(日付・時刻・時間)

こんにちは、hachi8833です。「Rubyスタイルガイドを読む」シリーズもやっと終わりが見えてきました。 まとまりのよさから、今回は「数値、文字列、日付・時間編」といたしました。 Rubyスタイルガイドを読む: 総もくじ 前回: Rubyスタイルガイドを読む: コレクション(Array、Hash、Setなど) 次回: Rubyスタイルガイドを読む(最終回): 正規表現、%リテラル、メタプログラミング Rubyスタイルガイド: 「数値、文字列、日時(日付・時刻・時間)」 参照: bbatsov/ruby-style-guide 数値 8-01【統一】整数値のチェックにはIntegerを使うこと Use Integer check type of an integer number. Since Fixnum is platform-dependent, checking against it will return different results on 32-bit and 64-bit machines. Fixnumの結果はプラットフォームに依存するため、32ビット環境と64ビット環境で結果が同じにならないことがあるためです。 Ruby 2.4の整数はIntegerに一元化されましたが、2.3以前のRubyを使う場合は引き続き注意が必要ですね。 参考: Ruby 2.4でIntegerに一本化される整数 timestamp = Time.now.to_i # 不可 timestamp.is_a? Fixnum timestamp.is_a? Bignum … Continue reading Rubyスタイルガイドを読む: 数値、文字列、日時(日付・時刻・時間)