pgloader 3.4.1でMySQLからPostgreSQLへスマートに移行しよう(翻訳)

こんにちは、hachi8833です。今回はPostgreSQL向けの強力な移行ツールであるpgloader 3.4.1の紹介記事をお送りいたします。 pgloaderはHomebrewやappでビルドインストールしたりソースからビルドしたりできますが、できればライセンスを購入して作者のDimitri Fontaineを応援しましょう。 概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 元記事: from MySQL to PostgreSQL 元記事公開日: 2017/07/06 pgloader公式サイト: http://pgloader.io/ GitHubリポジトリ: dimitri/pgloader 原著者: Dimitri Fontaine: PostgreSQLのエキスパートであり、本記事のpgloaderの作者でもあります。 pgloader 3.4.1でMySQLからPostgreSQLへスマートに移行しよう(翻訳) 本日pgloader v3.4.1をリリースいたしました。GitHub commitでご覧いただけるとおり、v3.3.2から100件ものcommitが行われました。 今回リリースのpgloaderでは、シンプルにすることで使いやすさを向上させるという伝統に則っています。かのAlan Kayの有名な言葉になぞらえれば、「シンプルなものがシンプルであるべき」なら「複雑なことも可能になるべき」と信じています。 原注: 本記事ではpgloader 3.4.1の機能に言及していますので、pgloader –versionでご利用のバージョンをご確認ください。pgloaderはソースから容易にビルドでき、debianやRPMベースのディストリビューション向けにもパッケージ化されています。 現在ご利用のディストリビューションやPostgreSQLバージョンで利用可能な最新のパッケージオプションについては、http://wiki.postgresql.org/wiki/Aptやhttps://yum.postgresql.org/をご覧ください。 MySQLからPostgreSQLへの移行 pgloaderがいかにシンプルにできているかを示すひとつの例として、MySQLデータベースをまるごと移行する機能があります。テーブルのスキーマ定義、インデックス、主キー、外部キー制約、コメント、デフォルト値はもちろん、PostgreSQLにトリガをインストールする必要がある場合でも、以下のコマンド一発で完了します。 訳注: –dry-runオプションももちろんあります。 $ pgloader mysql://root@localhost/f1db pgsql:///f1db 2017-07-06T17:57:04.679000+02:00 LOG report summary reset table name read imported errors total time ————————- ——— … Continue reading pgloader 3.4.1でMySQLからPostgreSQLへスマートに移行しよう(翻訳)