米国から見た日本のRuby事情(翻訳)

こんにちは、hachi8833です。来週のRubyKaigi 2017@広島にちなんで、米国から見た日本のRuby事情の翻訳記事をお送りいたします。 概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 英語記事: How is Ruby Different in Japan? 公開日: 2017/06/04 著者: Noah Gibbs ブログサイト: appfolio — 米国サンタバーバラ、ダラス、サンディエゴに拠点を構える開発会社です。 通常はリンクを日本語版に置換えますが、本記事では米国人が参照したリンクをたどりやすいよう、原則として英語リンクはそのままにしてあります。 米国から見た日本のRuby事情(翻訳) 最近のやりとりの中で「日本のRubyコミュニティにおけるRubyの使いみちは、米国とはだいぶ違うよね」という話題に触れたところ、ポカーンという顔をされてしまいました。 特に、「米国でRubyと言えばほぼRailsやWebアプリと相場が決まっているのにね」(英語圏の皆さまには言うまでもないことですが)と続けたところ「え、じゃ日本でRubyをRails以外の方面に使ってる人たちって、どんなことやってんの?」と一斉に聞き返されてしまいました。 皆がその点に関心を抱く理由を知りたくなったので、そのまま会話を続けました。米国流のRails利用法は、問題に対してメモリやconcurrencyをがっつり割り当てる物量作戦ですが、日本流ではRubyをそういう風に扱いません。こう話すと、決まって「RubyでJITが使えさえすればいいものを…どうしてJITがないんだ?」という話になります。JITは複雑かつメモリ集約的(memory-intensive: 大量のメモリと引き換えに速度や並列性などを向上させる)なので、Webサーバーを実行させれば素晴らしいのですが、◯◯◯に使うにはちょっと…。それはともかく、日本のRubyistたちのRuby活用法を探ってみたいと思います。 (MRIとJITについては、本記事へのツイート返信↓でも話題になりました: JITに関心のある方はどうぞ) Sweet post. Thanks for writing that up. So, in your read, is memory really the core concern w/ adding a JIT? — Matthew Gaudet (@MattStudies) 2017年6月14日 Zachary … Continue reading 米国から見た日本のRuby事情(翻訳)