PostgreSQL 10の使って嬉しい5つの機能(翻訳)

概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 英語記事: 5 Novelties in PostgreSQL 10 That Will Make You a Happier Developer 原文公開日: 2017/10/30 著者: Jakub Wilkowski サイト: https://10clouds.com/ 画像はすべて元記事からの引用です。 PostgreSQL 10の使って嬉しい5つの機能(翻訳) ここ数年、RedisやMongoDBやCassandraやMemcachedやDynamoDBといったNoSQLデータベースを非常によく見かけました。これらは過分な評価を得たにもかかわらず、古きよきリレーショナルデータベースを置き換えるまでに至ることはほとんどありませんでした。オブジェクト-リレーショナル(これについてはまた別の機会にします)データベース管理システムであるPostgreSQLは、今も新たなファンを獲得し続けています。 本記事では、10月5日にリリースされたPostgreSQLの最新バージョンで導入された機能の例をいくつかご紹介します。記事で使われているクエリのほとんどは、PostgreSQLをUbuntu 16の上で動かしたクエリです。冒頭のIDカラムについての部分では、「かつて」PostgreSQL 9.6で行っていた場合との対比も示します。 環境設定 設定手順は比較的簡単です。最初に、ご利用のシステム設定に応じたDocker CEのインストールが必要です。 # PostgreSQL 9.6 $ docker pull postgres:9.6 $ docker run –name old-postgres -d postgres:9.6 $ docker run -it –rm –link old-postgres:postgres postgres:9.6 psql -h postgres -U postgres # PostgreSQL 10 $ docker pull postgres:10 $ docker run –name new-postgres -d postgres:10 $ docker run -it –rm –link new-postgres:postgres postgres:10 psql -h postgres -U postgres docker pullしてイメージを起動すると、利用中のPostgreSQLのバージョンが表示されます。 # PostgreSQL 9.6 $ docker pull postgres:9.6 $ docker run –name old-postgres -d postgres:9.6 $ docker run -it –rm –link old-postgres:postgres postgres:9.6 psql -h postgres -U postgres # PostgreSQL 10 $ docker pull postgres:10 $ docker run –name new-postgres -d postgres:10 $ docker run -it –rm –link new-postgres:postgres postgres:10 psql -h postgres -U postgres これで準備完了です。 1. IDカラム MS SQL Serverから移ったときに今ひとつわからなかったのがこのIDカラムです。要するに、行のIDを保存するカラムであり、一意かつ自動でカウントアップされます。 — PostgreSQL 9.6 CREATE TABLE foo (id SERIAL PRIMARY KEY, val1 INTEGER); CREATE TABLE \d List of relations Schema | Name | Type | Owner ——–+————+———-+———- public | foo | table | … Continue reading PostgreSQL 10の使って嬉しい5つの機能(翻訳)