Rails 5.2を待たずに今すぐActiveStorageを使ってみた(翻訳)

概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 英語記事: Using ActiveStorage Today (prior to Rails 5.2 release) 原文公開日: 2017/11/13 著者: Jason Kim Rails 5.2を待たずに今すぐActiveStorageを使ってみた(翻訳) DHHは今年ActiveStorageという新しいコンポーネントの導入をアナウンスしました. ActiveStorageは、写真などのアップロードをRailsで直接管理します。 以来、ActiveStorageをRailsに統合するため多くの改良が加えられ、ActiveStorageは事実上利用可能になっています。本記事では、ActiveStorageを使うためにRailsをアップデートする方法を調べてみました。 警告: bleeding edgeバージョンのRailsを使うため、見たこともないような問題が引き起こされる可能性があります。 Rails向けにActiveStorageをセットアップする 5.1.14より前のRailsを使っている場合は、Gemfileを変更して5.1.14にアップデートします。 gem ‘rails’, ‘~> 5.1’, ‘>= 5.1.4’ $ bundle update railsを実行します。 $ rails app:updateを実行してコードの差分をすべて解決します。 5.1.14へのアップグレードで問題ないことを確認します。 bleeding edgeバージョンのRailsにアップデートします。 Gemfileを以下のように変更します。 git_source(:github) do |repo_name| repo_name = “#{repo_name}/#{repo_name}” unless repo_name.include?(“/”) “https://github.com/#{repo_name}.git” end … gem … Continue reading Rails 5.2を待たずに今すぐActiveStorageを使ってみた(翻訳)