Rails: :before_validationコールバックの逸脱した用法を改善する(翻訳)

概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 英語記事: The Case Against Exotic Usage of :before_validate Callbacks 原文公開日: 2017/10/29 著者: Karol Galanciak サイト: BookingSync なお、原文のbefore_validateは訳文でbefore_validationに修正しました。 Rails: :before_validationコールバックの逸脱した用法を改善する(翻訳) ActiveRecordのコールバックが多くのプロジェクトで乱用され、もっとよい方法で簡単に回避できるユースケースであっても誤った理由で使われているのは今に始まったことではありません。実行される処理と関係のない、かなり逸脱した理由で多用される、特殊なコールバックが1つあります。それがbefore_validationコールバックです。 データ整形 データ整形、特に文字列のストリップは、アプリの主要な部分を占めることが多い処理です。たとえば、スペースで問題が生じないように URLをストリップすることを考えてみましょう。どのようなアプローチが考えられるでしょうか。 1つの方法は、before_validationを使うことです。特にデータ形式のバリデーションを行っている場合です。 # app/models/my_model.rb class MyModel before_validation :strip_url private def strip_url self.url = url.to_s.strip end end これで処理は完了します。しかしテストはどうすればよいでしょうか。そのモデルでvalid?メソッドを呼び、URLがストリップされたかどうかをチェックする必要があるのでしょうか?これはいかにも変ですし、次のspecを見れば違和感がもっとよくわかるでしょう。 # spec/models/my_model_spec.rb require “rails_helper” RSpec.describe MyModel, type: :model do it “バリデーション前にURLをストリップする” do model = MyModel.new(url: … Continue reading Rails: :before_validationコールバックの逸脱した用法を改善する(翻訳)