Rails tips: ビューの`content_tag`のあまり知られていないオプション(翻訳)

概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 英語記事: Learn how to use advanced options for content_tag helper in Rails app 原文公開日: 2018/02/04 著者: Paweł Dąbrowsk Rails tips: ビューのcontent_tagのあまり知られていないオプション(翻訳) 一般に、RailsアプリでHTMLコードを生成する方法は主に2つあります。HTMLコードを直に書く方法と、ActionViewモジュールのヘルパーでHTMLを生成する方法です。今回は後者の中からcontent_tagヘルパーを取り上げたいと思います。このヘルパーには、あまり知られていないオプションがいくつかあります。 Railsコンソールを実行してActionView::Helpers::TagHelperモジュールやActionView::Contextモジュールをincludeして、これらのオプションを確かめてみましょう。1番目のモジュールはcontent_tagヘルパーにアクセスできるようにするために、2番目のモジュールはネストしたタグをテストできるようにするためにそれぞれincludeします。 基本的な使い方 content_tagヘルパーでは引数が1つ以上必要です。1番目の引数である要素名は省略できません。 content_tag(:div) #=> “< div >< /div >” 2番目の引数には要素のコンテンツを渡せます。 content_tag(:div, “content”) #=> “< div >content< /div >” これだけでは力不足なのであれば、ネストしたタグを渡せます。 content_tag(:div) do content_tag(:strong, “header”) end #=> “< div >< strong >header< /strong >< /div >” 属性 要素にはこの他にもオプションを渡せます。よく使われているのはclassです。これも試してみましょう。 content_tag(:div, “header”, class: ‘link’) #=> “< div class=”link” >header< /div >” 場合によってはクラス名を動的に渡す必要が生じることもあります。その場合、クラス名がなければ空文字ではなくnilを渡すことが重要です。理由は次のコードに示しました。 content_tag(:div, “header”, class: “”) #=> < div class=”” >header< /div > content_tag(:div, “header”, class: nil) #=> “< div >header< /div >” 複数のクラスをまとめて渡すこともできます。 content_tag(:div, “header”, class: [“one”, “two”]) #=> “< div class=”one two” >header< /div >” 属性のエスケープ 属性はデフォルトでエスケープされるので、(たとえばユーザーがリッチテキストエディタで入力できるようにした場合にデータベースに保存されている)生のHTMLコードを属性として渡しても、出力はエスケープされます。 content_tag(:div, “”) おそらくこんな出力は欲しくないでしょう。ありがたいことに、こんなときのための4番目のオプションがあります。このオプションは属性をエスケープするかどうかの指定で、デフォルトではtrueになっています。 content_tag(:div, “”, {}, false) #=> < div >< div >< /div >< /div > 以上です。content_tagヘルパーはちっぽけですがビューでとても便利ですので、機能を詳しく知っておくと何かと役に立ちます。 RSpec & TDDの電子書籍を無料でダウンロード もっと稼ぎたい方や会社をさらに発展させたい方へ: テスティングのスキルの重要性にお気づきでしょうか?テストを正しく書き始めることが、唯一のファーストステップです。無料でダウンロードいただける私の書籍『RSpec & Test Driven Developmentの無料ebook』をどうぞお役立てください。 関連記事 [Rails 5.1] ‘form_with’ APIドキュメント完全翻訳