【保存版】Rails 5 Webpacker公式ドキュメントの歩き方+追加情報

こんにちは、hachi8833です。 Rails 5のWebpackerでつらみを踏まないために、公式のWebpackerドキュメントの要点をまとめてみました。追加情報がありましたら今後も更新したいと思います。 rails/webpackerより 公式のドキュメントが分散しているのと、mdファイル名から内容が推測しにくくて見通しがよくないので、ファイルの並びを再編成して概要を一覧できるようにしました(せめてファイル名の頭に番号でも振ってくれれば…)。具体的な設定方法についてはリンク先をご覧ください。 ⚓概要 ドキュメントリポジトリ: rails/webpacker/tree/master/docs — mdが16ファイルあります。本記事ではこちらのみを扱います。 上のドキュメントリポジトリの最終更新日: 2018/04/23 更新や誤りにお気づきの方は@hachi8833までお知らせください。 参考: Webpack公式ガイド 参考: README rails/webpacker — こちらが網羅的ですが、ドキュメントと重複している部分もあります。READMEの日本語訳は以下の記事をご覧ください。 Rails 5: Webpacker公式README — Webpack v4対応版(翻訳) ⚓Webpackerのインストール方法 Rails 5のWebpackerは以下のいずれかの方法で導入できます。 新規の場合: rails new アプリ名 –webpack 後からの場合: Gemfileでgem ‘webpacker’を有効にして、bin/rails webpacker:installを実行 ⚓Webpacker公式ドキュメントの一覧 以下、重要な順にリストアップします。 ⚓1. 最初に読むもの yarn.md — yarnで nodeのモジュールを追加する方法です。ほんのちょっぴりです。 webpack.md — Webpackの公式な設定方法が記載されています。重要度高し(後述)。 folder-structure.md — Webpackerを使った場合のフォルダ構造や名前空間の切り方について説明されています。 env.md — オプションで設定できるWebpacker環境変数について説明されています。開発環境でForemanやInvokerを併用する場合の注意点についても書かれてます。 … Continue reading 【保存版】Rails 5 Webpacker公式ドキュメントの歩き方+追加情報