Rails 5: Webpacker公式README — Webpack v4対応版(翻訳)

本READMEの他に、以下のWebpacker公式ドキュメントの歩き方記事もどうぞ。これら2本で、Webpackerの公式ドキュメントは概観できるかと思います。次は公式のユースケースが欲しいです🍰🍵。 【保存版】Rails 5 Webpacker公式ドキュメントの歩き方+追加情報 概要 MITライセンスに基いて翻訳・公開いたします。 READMEリポジトリ: webpacker/README.md at master · rails/webpacker 原文更新日: 2018/05/18 ライセンス: MIT 更新や誤りにお気づきの方は@hachi8833までお知らせください。 Rails 5: Webpacker公式README — Webpack v4対応版(翻訳) Webpackerを用いることで、JavaScriptのプリプロセッサ兼バンドラーであるwebpack 4.x.x+を簡単に使えるようになり、アプリ的なJavaScriptをRailsで管理できます。Webpackerはアセットパイプラインと共存します。その理由は、Webpackがアプリ的なJavaScriptを主要な対象としているためです。app/assetsの下に居座り続ける画像やCSS、ましてやJavaScript Sprinklesは、Webpackの主要な対象ではありません。 しかし(訳注: Webpackと異なり)WebpackerはCSS/画像/フォントアセットも同様に扱うことが可能なので、アセットパイプラインすら不要になるかもしれません。Webpackerは、コンポーネントベースのJavaScriptフレームワークを独占的に利用する場合に最も適しています。 メモ: masterブランチのコードがついに(訳注: Webpack)v4.x.xになりました。3.x系ドキュメントについては3-x-stableブランチをご覧ください。 ⚓必要な環境 Ruby: 2.2以降 Rails: 4.2以降 Node.js: 6.0.0以降 Yarn: 0.25.2以降 ⚓Webpackerで利用できる機能 webpack 4.x.x ES6(ES2015) — babel経由 マルチエントリポイントを用いた自動コード分割 スタイルシート: SassとCSS 画像とフォント PostCSS – Auto-Prefixer アセット圧縮、ソースマップ、最小化(minification) CDNサポート … Continue reading Rails 5: Webpacker公式README — Webpack v4対応版(翻訳)