Ruby: `unless`はここぞというときまで使わないこと(翻訳)

概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 英語記事: Be sparing when using unless - Andy Croll 原文公開日: 2018/01/07 著者: Andy Croll Ruby: unlessはここぞというときまで使わないこと(翻訳) Rubyの強みのひとつに素敵な組み込みシンタックスシュガーがありますが、unlessキーワードもそのひとつです。否定文で使われるifをunlessで置き換えることができます。 しかし、Rubyのシンタックスが自由なために、あっという間にコードが必要以上に理解しづらくなってしまいます。 次のように書いてはいけない 心が折れるunless。 # 例1 unless something? # 何かする else # 他のことをする end # 例2 unless something? || another_thing? # 何かする end 次のように書くこと ifの方がコードがきれいになる場合はifを使う。 # 例1 if !something? # 他のことをする else # 何かする end # 例2 … Continue reading Ruby: `unless`はここぞというときまで使わないこと(翻訳)