週刊Railsウォッチ(20181022)Railsの名前空間地獄とrequire_dependency、PostgreSQL 11がリリース、clean-rails.orgほか

こんにちは、hachi8833です。今日のGitHubは何だか不調ですね。 各記事冒頭には⚓でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを社内有志でつっついたときの会話です👄 毎月第一木曜日に「公開つっつき会」を開催しています: お気軽にご応募ください ⚓臨時ニュース ⚓PostgreSQL 11が正式リリース 元記事: PostgreSQL: PostgreSQL 11 Released! つっつきの後でニュースが飛び込んできました。PostgreSQL 10リリースをウォッチでお伝えしたのが2017/10/06なので、わずか1年という驚きのメジャーアップデートですね。 参考: PostgreSQL 11が正式リリース。ハッシュパーティショニングやJITコンパイルによる高速化、ストアドプロシージャでのトランザクションサポートなど - Publickey ⚓Ruby 2.5.3が追加リリース(Ruby公式ニュースより) Hello Rubyists, as I announced in https://t.co/FCRDMVpsgc, I have released ruby-2.5.3. https://t.co/Ju4mzUwWyg This is just for fixing packaging issue. Sorry for repeated releases. — nagachika (@nagachika) October 18, 2018 Bug #15232: Is https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.5/ruby-2.5.2.tar.bz2 corrupted? - Ruby trunk - Ruby Issue Tracking System 2.5.2のパッケージングの問題(#15232)のみを2.5.3で修正したそうです。 TechRacho記事にも反映しました↓。 Ruby 2.5.2→2.5.3/2.4.5/2.3.8リリース(脆弱性修正) ⚓Rails: 先週の改修(Rails公式ニュースより) 今回公式の更新情報がなかったので直近のコミットから見繕いました。ドキュメント(Railsガイド)の更新が目立ちます。 ⚓ActiveRecord#respond_to?のアロケーションを削減 PR: ActiveRecord#respond_to? No longer allocates strings by schneems · Pull Request #34197 · rails/rails #34227と関連しています。 # activerecord/lib/active_record/attribute_methods.rb#L261 def respond_to?(name, include_private = false) return false unless super – case name – when :to_partial_path – name = “to_partial_path” – when :to_model – name = “to_model” – else – name = name.to_s – end # If the result is true then check for the select case. # For queries selecting a subset of columns, return false for unselected columns. # We check defined?(@attributes) not to issue warnings if called on objects that # have been allocated but not yet initialized. – if defined?(@attributes) && self.class.column_names.include?(name) – return has_attribute?(name) + if … Continue reading 週刊Railsウォッチ(20181022)Railsの名前空間地獄とrequire_dependency、PostgreSQL 11がリリース、clean-rails.orgほか