月刊Railsウォッチサマリー: 2018/10(社内勉強会)

こんにちは、hachi8833です。BPS Webチームリーダーのmorimorihogeさんが、BPS社内勉強会向けの試みとして、先月(2018年10月)の週刊Railsウォッチの中から、主にWeb系エンジニアの初心者〜中級者層を対象に、業務開発とのつながりが深いトピックをスライドにまとめていただきました。本記事はその発表とスライドを元に作成いたしました。 普段の週刊Railsウォッチが拡散気味かつボリュームが多いので、業務開発にすぐ役立てたい方はどうぞ🙇。 スライド発表&コメント: morimorihoge 書き起こし&構成: hachi8833 morimorihogeコメント) Railsウォッチを毎週やっている中では、時によっては半分以上がマニアックな話題に終始してしまうことがあり、普段のWeb開発に直接役立つ知識を追いかけている人にとってはノイズに思えてしまう部分も多いと思います(ノイズの中にも面白いネタが転がっているので意図的にやってるのですが)。 「面白さ」を追求する週刊Railsウォッチに対して「実用性」を追求した月刊サマリーとでもご理解下さい😉。 ※なお、ピックアップしているトピックや内容の重要度については多分に僕個人の価値観が含まれるため、業務でのご利用の際は皆様一次ソースをご確認の上自己責任でご利用下さい。 ⚓週刊Railsウォッチ(20181001) ⚓Railsアップグレード周りについて Shopifyの「deprecation_toolkit」gem ShopifyのRails 5へのアップグレード スライド「ここ10年間のRailsアップグレード対応を振り返る」ともうひとつのアップグレード支援ツール Railsのアップグレード作業は、バージョンの差分が開けば開くほど一般につらくなります。 社内でしか使われないイントラ上のアプリで、機能追加がほぼないのであれば、アップグレードせずにそのバージョンでフリーズするという選択肢もないわけではありません。しかしオープンなWebアプリをアップグレードしないままだと、将来のアプリ機能追加・変更に明らかに支障が生じます。 参考: Rails アップグレードガイド | Rails ガイド 理想は、アプリの運用コストで継続的なアップグレードを賄えることです。 Railsアップグレードのコストを開発・保守に含められない事情がある場合は、アップグレードしないことによる技術的負債が生じることを関係者全員で共有し、重大なセキュリティアップデートの適用コストと所要期間が増加するなどのリスクをコントロールする必要があります。 Railsのバージョンアップでつらいのは、上スライドの矢印の部分、特に3.0から3.1へのアップグレードです。3.1でアセットパイプラインが導入されたことでディレクトリ構成が大きく変わるのが大きな要因と言えます。 参考: アセットパイプライン | Rails ガイド morimorihogeコメント) RailsのアップグレードネタはRails業務エンジニアあるあるな話で、懇親会スベらない話トップ3に入るのではないかと思います。 ある程度顧客が付き始めた自社サービス系スタートアップなどであれば流石に更新されているかと思いますが、時間内に多くの球数を打つ方が大事なフェーズのベンチャーや、そもそも開発予算がついていないこっそり作られた社内システムなんかではアップグレードにリソースを避けないケースはどうしてもあります。 というわけで、今後もRailsアップグレード関連の話というのは中堅以上のRailsエンジニアは辛いけど付き合っていく必要のある話題になっていくのではないでしょうか。 ⚓astah* Community配布終了 astah* communityの無償提供が終了 astah.change-vision.comより astah*といえばUMLモデリングツールの最大手であり、海外はともかく日本国内でUMLを書く人なら誰もが知っていておかしくないレベルの製品です。draw.ioなどの無償ツールにもUML図作成機能はありますが、こと使いやすさにおいてastah*のUMLツールの完成度は高いと考えます。 参考: 統一モデリング言語 - Wikipedia こうしたツールはプロジェクト内および外部メンバーや顧客と確実にファイルを開いて共有できることが重要なので、astah*製品を使うかどうかにかかわらず、プロジェクト内ではUMLなどのツールを揃えておくことをおすすめします。 そのastah* communityエディションの無償提供が終了しましたので、チームで改めていくつかライセンスを購入しました。 無償提供終了に伴いastah* Viewer↓が用意されたので、UMLの外部配布や共有用にはこれを利用します。Viewerは「印刷」「エクスポート」「編集・保存」はできませんのでご注意ください。 ダウンロード: astah* Viewer … Continue reading 月刊Railsウォッチサマリー: 2018/10(社内勉強会)