限界までFreeBSDの環境を構築したい

こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか。今年もあと二週間で終わりですね。今年こそはと決めててやり残したことはもう済みましたか?かくいう僕も今年の目標を決めてあったのにあまりできなかったなぁという認識なので、最後の月になってから目標達成に向けて全力で走り続けているような感覚です。 今回は、その目標に掲げた内の一つをこのTechRachoで執筆するという願掛けの意味で報告したいと思います。 自分の気の済むまでFreeBSD環境を構築する 思い起こせば学生時代からですが、僕が普段利用しているOSはFreeBSDです。昨今、UbuntuやCent OSなどのLinux OSと比較して、FreeBSDのシェアはデスクトップOSのシェアがほぼ0%という統計になっています1。それもあってか、FreeBSDの技術記事もLinuxと比較して少ない気がします。 そこで、目標としてやりたかったFreeBSD環境を気の済むまで自分なりに構築し、共有したいと思います。今回、環境構築で行う内容は以下の通りです。 FreeBSDのインストール デスクトップ環境 テキストエディタ メーラー FreeBSDのソース同期 カスタムカーネルの構築 worldの再構築 せっかくですから、FreeBSDのインストールで僕がこだわっている部分についても簡単に書きます。 それでは一つ一つやっていきましょう! FreeBSDのインストール ディスクイメージの入手 FreeBSDインストールのためにディスクイメージを入手します。FreeBSDを入手するでインストールしたいFreeBSDのversion、アーキテクチャを選び入手しましょう。 ディスクイメージの種類には色々ありますが、ネットワークの帯域に余裕のある人にはbootonly.isoファイルがオススメです。FreeBSDをブートするイメージだけ入手し、必要なパッケージはネットワーク越しに入手するパターンになります。ディスクイメージの容量もそれほど大きくないのですぐにダウンロードできます。 インストール中のパッケージダウンロードが不安な場合は、サイズは大きいですがディスクイメージの中に全てのパッケージが導入されているdvd.isoを選ぶといいでしょう。 FreeBSDのインストール 物理マシンやVMにインストールしたディスクを入れて起動し、しばらく待つと以下のインストール画面に遷移します。 「Distribution Select」では、「doc」と「lib32」の二つを導入します。 「ports」は、バイナリパッケージをインストールする「pkg」を利用するので不要です。 「src」をオフにして、OSソースリポジトリの見直しでソースを手動で取得できるようにします。 ミラーサイトの設定 ミラーサイトの設定は、昔はftp.jaist.ac.jpのaliasであるhttp://ftp6.jp.freebsd.orgをよく選んでいました。ここ最近は、東京に引っ越してきたこともあり、ftp.iij.ad.jpのaliasであるhttp://ftp2.jp.freebsd.orgを選んでいます。 インストール時のこだわりはこの辺りでしょうか。 他にもパーティションの切り方や時刻設定などがありますが、パーティションはインストールディスクのサイズに合わせてパーティションサイズを適したサイズに大体決めてくれますので特に気にする必要はありませんし、時刻設定もJSTに変えれば完了します。 デスクトップ環境 FreeBSDでデスクトップ環境を立ち上げます。FreeBSDには基本的に(PC-BSDとかは別)デスクトップ環境が最初から入っているイメージディスクというのはありません。そのため、OSインストール後に改めて設定する必要があります。 ちなみに、僕が利用するデスクトップ環境はGnomeです。長らくFreeBSDで公式にサポートされていたのはGnome 2でしたが、FreeBSD 10辺りからようやくGnome 3のパッケージを公式リポジトリがサポートするようになりました。 また、次世代バイナリ管理ツール「pkg」が出るまでは、portsを使ってパッケージのソースを直接コンパイルしてインストールしていました。そのため、パッケージの中でも特に重いデスクトップ環境はインストール作業だけでも1〜2日かかったのを覚えています。 構築するだけでも大変だった思い出しかないデスクトップ環境ですが、今インストールするのであればやはり「pkg」でバイナリパッケージをインストールするのがいいでしょう。 Xorgのインストールと設定 まずはX Window Systemを提供するXorgをインストールします。 % sudo pkg install xorg 続いて、Xorgでドライバを認識するための設定ファイルを作成します。 と言っても、ほとんどのデバイスは自動的に検出されるため、設定を修正する必要はほとんどありません2。 ここでは、簡単に生成された設定ファイルを/usr/local/etc/X11/xorg.conf.d/にコピーします。 % sudo Xorg -configure … Continue reading 限界までFreeBSDの環境を構築したい