python-oscを使ってみる:後編

本日も 暑いです。昨晩少々飲み過ぎたせいで集中力とお金がなくなってしまいました。アルバイトの片山です。用務員としてアルバイトで採用されたはずがいつの間にかダラダラと記事書くだけのお荷物になっていることに気づきましたので、今度久しぶりに雑用をしたいなぁと思っています。 さて、前回、PythonでOSC(Open Sound Control)を扱ってみようということでしょうもない感じのコードを書きましたので、それらをもう少し応用していきたいと思います。 今回も前回に引き続き、Puredataを使います。Pythonは3です。 PythonとPuredataをOSCで連携する Pythonをクライアント側(送信側)、Puredataをサーバー側(受信側)としてOSCで連携していきます。 前回も掲載しましたが、一応復習(と文字数稼ぎ)を兼ねてやっていきたいと思います。 python-oscでOSCを飛ばす pyosc.py import argparse from pythonosc import osc_message_builder from pythonosc import udp_client port_num = 8002 # セットアップ parser = argparse.ArgumentParser() parser.add_argument(“–ip”, default=”127.0.0.1″, help=”The ip of th OSC Server”) parser.add_argument(“–port”, type=int, default=port_num, help=”The port the OSC server is listening on”) args = parser.parse_args() client = udp_client.UDPClient(args.ip, args.port) … Continue reading python-oscを使ってみる:後編