応用編1: pythonとopenFrameworksをOSCで接続する

はじめに 雑用アルバイトの片山です。ようやく完全に就職活動を終えることができました。 さて、これまで「python-oscを使ってみる」シリーズを前編・後編とやってきましたが、音を出す以外にも映像を作れたら良くない?ということで今回はopenFrameworksをpythonと繋いでみたいと思います。 本編 とりあえず書いてみる python-oscの導入とかについては「python-oscを使ってみる」シリーズに掲載しているので省きます。 pythonのスクリプトは前回のコードをそのまま使います。入力した数字に含まれる0~9の数をそれぞれカウントしてくれるやつです。 使いまわしですが貼っておきます。 import argparse from pythonosc import osc_message_builder from pythonosc import udp_client port_num = 8002 # セットアップ parser = argparse.ArgumentParser() parser.add_argument(“–ip”, default=”127.0.0.1″, help=”The ip of th OSC Server”) parser.add_argument(“–port”, type=int, default=port_num, help=”The port the OSC server is listening on”) args = parser.parse_args() client = udp_client.UDPClient(args.ip, args.port) print(“ip:127.0.0.1, port:” + … Continue reading 応用編1: pythonとopenFrameworksをOSCで接続する