JavaScript: iOS系のsafariブラウザでdisabled属性が効かないときの対処法

iOS系のsafariブラウザはどうもdisabled属性が効かないようです。
そんな時はjsを使ってdisabled属性がついているoptionをremoveしちゃいます。

np = navigator.platform;
if (nP == "iPad" || nP == "iPhone" || nP == "iPod" || nP == "iPhone Simulator" || nP == "iPad Simulator"){
  $('select option[disabled]').remove();
}
デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ

BPSアドベントカレンダー