銀座Rails#14で「出張Railsウォッチ」発表させていただきました

morimorihogeです。世の中が涼しくなってきてようやく調子が出てきた気がします。

2019/10/24(木)に開催された銀座Rails#14 @リンクアンドモチベーションでTechRachoの週刊Railsウォッチの出張版ということで参加させていただきました。スライドは以下の通りです。

今回はRails6の新機能からAction Mailboxをピックアップして紹介しました。
Action Mailboxは簡単に言ってしまえばメールアドレスをURLの様なRoutingに見立て、メール受信をトリガに何かしらの処理をすることができる機能です。

メール受信をトリガとする機能は、ガラケー全盛時代にはよく使われていました(写メを特定メールアドレスに添付して送る、など)が、スマートフォンが一般的となり、携帯端末からも普通に添付ファイルが送れたり、フルブラウザが当たり前となってしまって実装する機会は減ったのではないかと思います。
とはいえ、今でもRedmineのようなプロジェクト管理ツールや掲示板などのアプリで「書き込み通知メールに返信すると、その内容が元チケット(スレッド)の返信として書き込まれる」といった機能を実現したいケースはあり得るので、そういった機能を求められたときのために知っておくのはありだと思います。

今回、Action Mailboxの実装や挙動をざっくりと追いかけてみましたが、中身としてやっているのは以下の様な処理で、メール受信をメール受信手段(ingress)ごとのトリガを契機にActionMailbox::RoutingJobを呼び出すという中身になっていました。
このあたりの実装方針はingressの抽象化の仕方など含め、汎用的なシステム設計の参考になるのではないかと思います。

次回の銀座Rails#15 @リンクアンドモチベーションは11/15(金)19:00~・・・と言いたい所でしたが、この記事を書くのがすっかり送れてしまい、直近次回は次回の銀座Rails#16 @リンクアンドモチベーションは12/13(金)19:00~となります。

Rails6新機能特集は今回で一息かなと思っておりますので、こんなこと話してほしいなどありましたらTwitterにて @morimorihoge@hachi8833 までご意見お寄せ下さい。

週刊Railsウォッチ 公開つっつき会のお知らせ

来週12/5(木)19:30より、弊社会議スペースにて毎月恒例の週刊Railsウォッチ 公開つっつき会を開催します。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

morimorihoge

高校卒業後,学生をやりながらずっとWebアプリ開発に携わってきました.2010くらいまではPHP/Symfonyプログラマでしたが,それ以降のWeb開発はRailsほぼ一本に宗旨替えしました.開発とは別にサーバ構築・運用も10年以上やってきているので,要件定義から設計・実装・環境構築・運用まで一通り何でもこなせます.開発以外では季節により大学でWebサービス開発やプログラミング関連の非常勤講師もしており,技術の啓蒙・教育にも積極的に関わっています.最近はPM的な仕事が増えていますが,現役開発者としていつでも動ける程度にはコードもサーバも弄る日々を送っています.AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトレベル取りました

morimorihogeの書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ