WebデザイナーがGitを始めて大変だった・めっちゃ良かった話

こんにちは、Webデザイナーのニシです。インフルが怖い。 今日は非エンジニアのバリバリ文系デザイナーがgitを使った苦労話とめっちゃ良かったよ!の話です。 コマンドラインや英文を見ると頭痛がするタイプなので、覚えるのは大変でした。 私はコマンドラインを諦めてSourcetreeに頼っています。さらに、弊社では元々GitLabを導入しているので、マージリクエスト(以下、MR)など便利な機能も使えます。 その話はまた後ほど。 導入は大変でしたが、結果的には大変良かったです。もうGit管理なしではhtml書けません。 Webデザイナーでもフロントエンド(html / CSS / javascript / PHP)部分をやるって人も多いと思いますが、そういった方でまだGit使ったことないよ、という人がいればぜひこの記事を読んで導入を検討してください。 ※本記事はGitやGitLabの使い方を説明するものではありません。 目次 Gitって何? GitLabを使ったGit管理のメリット4つ 最低限覚えればいいこと 初心者がやってはいけないこと まとめ Gitって何? そもそもGitって何?というところの簡単な説明を。 Git(ギット)は、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムである。 引用元:wikipedia 分散型?ちょっと難しいですね。 つまり、ソースコードの変更履歴が全部残せて、しかも過去の状態に戻りたい時に戻れる便利なツールです。 例えば、公開されているwebサイトの変更を依頼されて対応したものの、「やっぱり変更前のに戻して!」と言われた時に、すぐ戻せます。 いちいちバックアップファイルを大量に残す必要がなくなります。コードだけじゃなくて同一名の画像も過去に戻せます。すごーい! 図解するとこんなイメージです。 GitLabを使ったGit管理のメリット4つ GitLabを使ってGit管理をすることのwebデザイナー的なメリットを紹介します。 残した履歴にいつでも戻れる 第三者にコードチェックをしてもらえる 突然会社へ行けなくなっても他の人にすぐ引き継げる 複数人で同時に同一ファイルを編集しても上書きにならない 1. 残した履歴にいつでも戻れる 前述の通りです。飛ばします。 2. 第三者にコードチェックをしてもらえる 1人で開発してると、どうしても主観的になってバグを見落としたり無駄なコード書いたりしちゃいます。 そこで、第三者にMRすることで、バグが減少・コードが短くスッキリ!します。 特にBPSのエンジニアは優秀なので、指摘も鋭く勉強になります。いつもありがとうございます。 MR文化のおかげで、コーディング技術上がったなと実感しています。 3. 突然会社へ行けなくなっても他の人にすぐ引き継げる 例えば風邪を引いたり事故にあったり、いつ何が起こって会社へ行けなくなるかわからないですよね。そんな時でも、前回までの作業をGitに残しておけば、他の人に「あのブランチ途中なので続きお願いします」と頼むことができます。 つまり緊急の更新やリリース当日などで絶対会社に行かなければいけないのに行けない、という状況でも、他に人手さえあれば顧客に迷惑がかからなくなります。業務遂行上のリスク回避にも役立つのですね。 4. 複数人で同時に同一ファイルを編集しても上書きにならない そもそも同一ファイルを編集するな、という話ではあるのですが、人間なので「何かの拍子にうっかり」がないとも言い切れません。うっかり同じファイルを別の人が編集しても、Gitが「同じファイルで別の変更があるけど大丈夫?」と聞いてくれます。これをコンフリクトと言います。コンフリクトしても、慌てず騒がず、コンフリクト箇所を確認して適宜修正すれば解消されるので大丈夫です。 最低限覚えればいいこと まず、私のようにコマンドライン見ると頭痛がするタイプの人はアプリを使いましょう。Sourcetreeが代表的で使いやすいです。 これならポチポチとボタンをクリックするだけで大体のことができます。簡単! 出典:Sourcetree … Continue reading WebデザイナーがGitを始めて大変だった・めっちゃ良かった話