RSpecえかきうた

初めまして、takanekoと申します。 入社して以来2年くらい「ブログ書きます!」と言いつつすっぽかし続けたダメWebエンジニアです。 RSpecえかきうた? 「ぼくのあーるすぺっくのかきじゅん」(僕のRSpecの書き順)です。 RSpecの書き方わからない、という方のために、0から書き上げる際の参考になればと思い書きました。 Specを書き始めましょう RSpecにはModel Spec、Feature Spec、Request Spec、System Specなど色々種類がありますが、今回はRequest Specを書いていきます。APIとかのテストをする際に使うSpecです。 書き順がメイントピックなので、細かい実装の妥当性とかは無視して、以下のような簡単な仕様のユーザ登録APIでSpecを書きたいと思います。 API仕様 URL POST /users(format: :json) email, password, password_confirmationをPOSTしてユーザ作成 作成したら200 OKとユーザのidをjsonで返却する 全てのパラメータが揃わない限り、400 Bad Requestを返却する メールアドレスが重複する場合も、400 Bad Requestを返却する 管理者アカウントでログインしていない場合、401 Unauthorizedを返却する spec/requests/users_create_spec.rbに空のSpecを書いてスタートしましょう。 require ‘rails_helper’ RSpec.describe ‘POST /users’, type: :request do # やるぞ end テストケースを羅列します contextとitだけ並べて、自然言語で仕様を書き起こしましょう。 RSpec.describe ‘POST /users’, type: :request do context ‘全てのパラメータが揃っている場合’ do it … Continue reading RSpecえかきうた