Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • ライフ

これはYoutubeの未来?Youtube Playを見てみましょう!

こんばんは、テイラーです。

明日午前9時(10月22日)からグッゲンハイム(Guggenheim)とユーチューブ(YouTube)とのコラボレーションによるビデオコンペ「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」の選考作品がニューヨークのグッゲンファイム美術館からユーチューブでライブ中継されるようです。

しかし、すごいのはそれだけでははなく、Youtube Playの見せ方の方です。下の画像を見てみましょう。ポイントを赤い線で表しました。

youtube

Youtube Playのトップ

サイトが国際的であればあるほど文字でサイトナビゲーションを行うのは良くないです。一つの例として、Facebookの基本のナビゲーションが文字からアイコンに変わりました。ひょっとしてYoutubeもこの方向に進んでいるのでしょうか?Youtube playを使ってみると動画は文字を必要とせずに簡単にナビゲーション出来ます。自分の言語が分かりやすい場所(右上の国旗)にあり、簡単に選べます。そしてカテゴリーをすぐ変えてアップデートしてくれます。動画をクリックしますと・・・

youtube

Youtube Playの動画 - Wonderland Mafia

まず動画がロードされます(一番最初に見て欲しい場所ですね)それからコメントまたは動画の説明がロードされます(二つ目見て欲しい場所です)。動画の下にソーシャルブックマークがいくつかありまして、URLも簡単にシェアー出来るようになってます。そして次の動画に簡単に移動することが出来ます。

今のYoutubeがこのように作られたらもっとサクサク動画が見られると思います。弱点は文字が好きな人はちょっと迷う事になると思います。もしこれが本当にYoutubeの未来であれば私的には好きですね。あなたはどう思いますか?

Source

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。