Androidなら、ニコニコ生放送だって簡単に見れちゃいます

現在Android marketではニコ生放送を見れるアプリケーションはありません。大好きな人は出先でも見たいでしょうから、Androidでの方法をご紹介します。
※iPhoneにもRDPがありますので使えるはずです。

使うソフトウエアはRDP(リモート デスクトップ プロトコル)なので他の使い道はいくらでもありますが、せっかくなのでニコニコ生放送を題材に手順を記載していきます。

不明点ございましたら是非聞いてください。

それでは、早速ガイドに入ります。

必要なファイル
* Remote RDP lite (無料)

===

Step 1
まずWindowsでリモートアクセスをONにして下さい。

XPならこれで出来ます

Windows 7ならこれまたはこれで出来ます

Step 2
Remote RDP LiteをAndroidで開いて下さい。

Step 3
自分のIPをhttp://www.whatismyip.com/ で見つけて下さい。
Your IP Address Is: xxx.xxx.xxx.xxxの数字を Hostに入れましょう。

Step 4
Portに3389または3390(Vistaの場合)を入れましょう

あとはそのままでOKです。

Step 5
戻る(バック)ボタンを押して下さい。

Step 6
自分のIPをクリックすればWindowsのサインイン画面が出るはずです。
自分のアカウントを選択し、パスワードを入れればつながります。

Step 7
デスクトップのブラウザを立ち上げて(私の場合はChromeを使ってます)
ニコニコ動画を開いて、見たいコンテツをどんどん見て下さい!

TIPS

メニューボタンを押すとKeyboardが出てきますのでそれを使って文字を入れましょう。日本語を入力出来ない場合はIMEをちゃんと日本語の設定を変えて下さい。
ime

スマートフォンまたはパソコンから音が出なくなった時はブラウザを完全に閉じてもう一回開きましょう。 Chromeを使っていれば、ツールからシステム管理(System manager)を開いてShockwaveのプロセスを閉じましょう。

ワイヤレスに繋いでるとたまにIPが違ったりしますので、もしつなぐ事が出来なかったら192.168.11.2や、192.168.11.3などで試してみて下さい。

上手くいけば冒頭の動画と同じようにパソコンからニコ生を見る事が出来るはずです!

何をやっても駄目だった場合はLogMeInというソフトを使うともう少しスムーズに行くはずです。詳しくはLogMeInのサイトまで。そして残念ながら無料ではありません・・・。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ