HUDコンタクトレンズを使えば目からARの世界が見れる!


Washington大学の研究者はハイテックなコンタクトレンズを今開発しようとしています。
どういうコンタクトレンズかというと、自分の目から様々なデータが見れるようになる!パソコンの画面と同じように。

音痴?問題ない!見てる方向の矢印に向かえばいい!

サインが読めない? 自動翻訳でわかるようになる!

そういうような事は可能になる! なんていう便利な時代へ向かってますね!

現在研究者が今解決しようとしてる問題は
ひとつの色しか出せない。
電池は近くにないと使えない
でも解決すれば今後がより面白くなります!

楽しみですね!

Source

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ