ロボットと同じように眠れるアプリ?!を紹介します!


この時期、朝なかなか起きれず布団の中で二度寝してしまったり、起きれてもしばらく動けなかったりしますよね。

そんな時は、コチラのアプリを試してみてください。

【Sleep as Android】 https://market.android.com/details?id=com.urbandroid.sleep&hl=ja

これは睡眠を監視してくれる優れたアプリです。
例えば、あまり眠れない時でも起きやすい時間にアラームを鳴らしてくれたり、睡眠中の寝言やいびきを録音する事ができます。

更に、アラームを止める前のゲームを設定する事ができ、しっかりと目覚めさせるような工夫がされています。

【アラームの主な設定内容】
・スマートアーリーウェイクアップ
設定範囲内の起きやすいタイミングでアラームが鳴ります。
睡眠時間があまり取れない場合でも、比較的目覚めやすい時間に起こしてくれます。
・起床確認モード
アラームを止める前に、しっかりと目覚める為のゲームを設定できます。(単純計算モード、羊さがしモード等)
・ノイズ録音
寝ている間のいびきや寝言を録音します。
・理想の睡眠時間
これに+「理想の睡眠時間を優先する」設定を行えば、理想の睡眠時間になるまでアラームを鳴らさないでおくことができます。
起きた後、実際の睡眠時間と理想の睡眠時間の差がわかります。
・いびき防止(Beta)
録音中に基準値を超える音量を感知したらバイブします。

詳細な設定ができるようになっていますが、アラームの設定画面はとてもシンプルなので、あまり詳しくない人はそのまま、詳しい人は詳細な設定ができるよう分かりやすい造りになっています。

後は、寝る前に充電しつつ枕元でこのアプリを起動し、トラッキングを開始しましょう。
(電池が消耗されるので、充電しながら使うようにした方がいいかもしれません)

目覚めた時に眠りの質をグラフで確認できます。深い眠りが何時間あったのか等、一目で分かります。

このアプリは無料期間が14日間あります。まずは試しにダウンロードしてみてはいかがでしょうか?気に入れたらたった169円で買えます!

快適な目覚めで、気持ちのいい朝を迎えましょう(^^♪

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ