Steve Jobsはウォンカさんになりたかったそうです。#すごい

ウィリー・ウォンカと同じようにスティーブ・ジョブズ氏は夢を大きくもっていて、いつもお客さんの事を考えています。そこでジョブス氏はウィリー・ウォンカと同じように大きいコンテストをやりたかったです。そのコンテストはひとつの金色のチケットを100万目のiMacの箱に入れて、それを買った人はAppleまでに行けてジョブス氏に案内してもらえる!

そのコンテストはなんで出来なかったかというとカリフォルニア州ではコンテストをやるには買えるものにしっちゃいけないだそうです。

残念ですよね。そのコンテストをやったらすごく楽しそうで私はきっともっと早くAppleのファンになれたかもしれません。(その時はまだAppleの商品に触った事あまりなかった・・・)

Source

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ