2006年のAndroid電話はBlackberryっぽかった。#google

The VergeというITニュースサイトが面白い画像を手に入れました。それはGoogleが2006年に作ろうとしていたGoogle電話の画像です。キーボードは画面のではなく、リアルのものを使うもので他のスペックはわりと低いです(その時は結構すごいでしょうけど)200MHzプロセッサー、64MBラムとロム。ミニSDスロット、QVGAスクリーンとブルーツース1.2、カメラは2MPでした。

Androidはまだまだ作らてたばっかりだったけど、ホームの画面、SMS、MMS、Gmail、チャット、カレンダーとPOPメールは使えたそうです。

アップルがiPhoneを出したらGoogleは携帯を完全に作りなおしてHT-03Aを出したみたいです。あれから偉い進化したな〜 Go go Google~!

 

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ