WordPress新エディタ「Gutenberg」をさわってみた

BPSの福岡拠点として一緒にお仕事させていただいてます、株式会社ウイングドアのヤマウラです。 2018年度の4月に入社し。もう1年が経ちました。 さて、今回のテーマはWordPress新エディタ「Gutenberg」がテーマです。 みなさまはもうお使いになられましたでしょうか? リリースから3ヶ月ほど経った新エディタです。 私は、バージョンの古いWordPressは少しだけ触ったことがある(雀の涙程度です)のですが WordPressが5.0にアップデートされてから、一度も使用したことがありませんでした。 ですので、 今回記事を書ける機会ということで、折角なので今触っておこうと考えた次第でございます。 ※今回の記事では、WordPress5以降へのアップデートによるセキュリティ等のお話はしておりません。 Gutenbergに変更 なんといっても注目したいのは、WordPressの標準のエディターが「Gutenberg」へ変更されたことです。 ドイツ語のご挨拶のような名前ですが、正体はビジュアルエディターとなります。 (調べた感じドイツの昔の人のお名前が由来だそうです。) WORDPRESS.ORG 日本語 リリースによりますと、12月10日がリリース日となっております(同サイトブログの方では12月6日でした)ので、 比較的新しい変更だと言えます。 エディタが変更されたと言っても、具体的に何ができるのかわからないので、 実際に触りつつ皆様にご紹介できればなと思います。 見た目の印象 1. 画面 編集画面に行った際のGutenbergの画面とGutenberg以前の画面を見比べてみようと思います。 以前までの編集画面 タイトルの入力欄と記事の入力欄が分かれており、ビジュアルモード・テキストモードに切り替えるタブがあります。 右側には公開や更新をするための「公開」の項目や、カテゴリー・タグの選択、アイキャッチ画像の設定が行えます。    Gutenbergの編集画面 それに対して新しい編集画面を見てみます。        ・・・・・・なんだかすっきりとしています。 エディター変更によって、機能が増えたものだと勝手に思っていたのですが・・・ 私が最近見慣れている編集画面はどこにあるのでしょうか 「新規投稿を追加」とか「ここにタイトルを入力」とか。 「WordPress 5.1.1 が利用可能です ! 今すぐ更新してください。」とか(えっ もう彼は私の知っているワードプレスさんじゃないということがわかりました。 比較 さて、画面を比較してみますと、以前のエディタに情報が多かったわけではないですが、 Gutenbergでは真っ白感が強いですね。なんだか不安になります(抽象的ですみません よくよく見てみると右側のサイドバーなんかは閉じられていてシンプルに表示されています。 ただ見慣れない文字として「ブロック」というものが見られます。 2. 編集ツール また、以前あった編集ツールの一覧も5つほどの項目にシンプル化されていました。 以前までの編集ツール このツールで、文字を太字にしたり項目をリスト化したりできていました。 新しい編集ツール 新ツールでは、見た目上では太字(B)や斜体(I)、文字の中央寄せと行った機能は見受けられず、 5つの項目が並んでいるのみでした。 新ツールの「+」マークは、「ブロックの追加」となっておりました。 … Continue reading WordPress新エディタ「Gutenberg」をさわってみた