Manjaro Linuxを入れてみた

始めに こんにちは。yosuke2です。 前回の記事でArch Linuxを入れてみたものの問題が解決できそうになく、結果Arch LinuxベースのManjaro Linuxを入れてみました。 今回はそのManjaro Linuxについて書こうと思います。 ※Arch Linux記事に書いた後日譚と一部内容が被るところがあります。 どうしてManjaro Linuxを入れようと思ったかと言いますと、Arch Linuxを入れたものの不具合が解決できなさそうだったからです。 具体的な詳細については前回の記事を参照していただけるとありがたいです。 Manjaro Linuxとは Arch Linuxベースに作られたディストリビューションです。 参考:Manjaro Linux – Wikipedia ja.wikipedia.orgより(パブリックドメイン) Arch Linuxとはリポジトリが別になっていて、Arch Linuxが更新されてからその更新に問題がないかテストを行い、結果大丈夫そうであればManjaro Linuxが更新されるという形になっています。 そのためArch Linuxと比較して更新ペースは遅いものの安定して動作することが良い点です。 またGUIが始めから用意されていたり、インストール自体もGUIで可能などArch Linuxベースではあるものの初心者でも扱いやすいディストリビューションになっています。 実際に入れてみた USBメモリをManjaro Linuxのインストールに使用できるようにする まず前回Arch Linuxを入れる際に使用したUSBメモリをManjaro Linuxのインストールに使用できるようにする必要がありました。 他にもUSBメモリはあったので別にそちらでもいいのですが、再度使えるようにしたことがなかったので一度経験しておこうと思ったためやってみました。 参考: USB インストールメディア – ArchWiki まずは上記の「BIOS・UEFI ブータブル USB」の項目にある通り、wipefs –all /dev/sdxを実行しました。 私の場合はsdbでした。 その後パーティショニングとフォーマットを行います。 この手順はArch LinuxをSSDに入れた時と同様コマンドで行いました。 これでUSBメモリをManjaro Linuxのインストールに使用できるようになりました。 Manjaro … Continue reading Manjaro Linuxを入れてみた