CakePHPでDBのエンコーディングを指定する方法

PHPでMySQL 5をUTF8にして使う場合、文字が全部????になってしまう問題を防ぐため、

default-character-set=utf8
character-set-server=utf8
collation-server=utf8_general_ci
skip-character-set-client-handshake

を指定する、というのが定石になっています(よね?)。

しかし、共用サーバなどでmy.iniを編集できない場合、mysql_set_charset() などを使うと思います。

CakePHPでは、bootstrapでDB設定を読んで手動で設定するのも面倒だな、と思っていたら、さすがはCakePHP。便利な設定が。

  • app/config/database.php
var $default = array(
    'driver' => 'mysql',
    'persistent' => false,
    'host' => 'localhost',
    'login' => 'baba',
    'password' => 'hoge',
    'database' => 'testdb',
    'prefix' => '',
    'encoding' => 'utf8',
);

このようにencodingを指定するだけで、勝手にSET NAMESやmysql_set_charset()を実行してくれます。便利便利。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ