Firebugをクリーンに改造する

ググれば出てくるようなネタではありますが。

Firebugの最大の欠陥は、見た目があれなことです。

開発者の中には、あれが大の苦手の人もたくさんいると思います。

# 私は先週薬局に駆け込んでバルサンしてきました。
# というか良く思うんですが、なんでバルサンとかの製品にイラストを描くんでしょうね?買う人の気持ちを何も分かっていない。

ということで、しっかりと消しておきましょう。

このZIPファイルでプラグインを上書きすれば、すべてOKになります。1.5.4で確認。
clean_fire

インストール済みの場合は、以下

C:\Users\***\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\
***.default\extensions\firebug@software.joehewitt.com

未インストールの場合は、XPIファイルをダウンロード→拡張子をZIPにして解凍して、上書きして下さい。

これで再起動すれば、快適な開発ライフを堪能できますね!作業効率倍増です。

快適なHTML/CSSライフを!

快適なHTML/CSSライフを!

Windowsのアイコンキャッシュがたまに殺人的な効力を発揮することがあるので、
C:\Users\***\AppData\Local\IconCache.db
を消したりしておいた方が気休めになります。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ