EUC-JPのDBをmysqldumpしたあとインポートしたら文字化け

いつも通り

$ mysqldump -u hoge -p hogedb > hogedb.sql

してからDBをいじって、間違えたので

$ mysql -u hoge -p hogedb < hogedb.sql

してロールバックだぜ!と思ったら、文字化けしてしまいました。

今回はDBがUJIS(EUC-JP)でしたが、my.cnfでも

[mysqld]
skip-character-set-client-handshake
default-character-set=ujis
character-set-server=ujis

[mysql]
default-character-set=ujis

などはちゃんと書いてあります。

ダンプファイルはテキストエディタでは正常に読めます(EUC-JP)。

$ mysql -u hoge -p --default-character-set=ujis < hogedb.sql
$ mysql -u hoge -p --default-character-set=binary < hogedb.sql

などを試しても結果は同じです。

何かおかしいと思ってダンプファイルをよく見たら・・・

犯人はおまえだ

まあ、そりゃあ、引数で何しようとSQL本体でSET NAMES utf8;したら意味ないですよね。

my.cnfで、[mysqldump]を設定するか、mysqldump時に引数を与えるのを忘れないようにしましょう。
今回はダンプ後だったので、エディタでこの行を消したら無事インポートできました。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ