Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • 開発

paperclipでsave前のattachmentをコピーする

多少レアケースだと思いますが、paperclipでセットしたattachmentを、save前に他のインスタンスにコピーしたいことがありました。

単純にセットしただけでは、@user1.avatar.file?がtrueを返すものの本来のパスに保存されていないので、エラーになってしまいます。

class User < ActiveRecoed::Base
  has_attached_file :avatar
end

@user1 = User.new(params[:user])
@user2 = User.new
@user2.avatar = @user1.avatar
@user2.save! # ここでfile not foundなエラーが出る

paperclipでは、saveする前のtempfileはattachmentの@queued_for_write[:original]の@tempfileとして保存されているようです(ActionDispatch::Http::UploadedFileとして登録された場合)。

今回はライブラリ用だったので、かなりバージョン依存強くてよろしくないのですが、このような感じに。

def copy_attributes_to(target)
  target.assign_attributes attributes.reject { |k, v|
    [self.class.primary_key, 'created_at', 'updated_at'].include?(k)
  }
  if respond_to?(:each_attachment)
    each_attachment do |n, a|
      if a.dirty?
        file = a.queued_for_write[:original].instance_variable_get(:@tempfile)
      elsif a.file?
        file = a
      else
        file = nil
      end
      target.attachment_for(n).assign file
    end
  end
end

二重にコピーすると2回目はio_adapterがattachment_adapterになるので動かなかったり、たぶんバージョン上がると動かなかったりするので、改善したいと思いつつ、とりあえず上記で動いています。
Ruby 1.9.3 + Rails 3.2.3 + paperclip 3.0.3

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。