初めてのGemの読み方

Web開発においてRailsの開発効率は圧倒的ですが、これは「Ruby言語の素晴らしさ」「Railsの優れた設計」はもちろんのこと、「やりたいことがたいてい見つかる豊富なGem」にも支えられています。

しかし、不慣れなうちはRails黒魔術やGemの挙動が理解できず、振り回されているのもよく目にします。
ライブラリのアップデートが速く、ググって得られる情報だけでは更新に追いつけないことも多いですね。

そこで今回の社内プチ勉強会は、「初めてのGemの読み方」を実施しました。
Gemを使うだけでなく、自在にソースを読めるようになるのが目標です。

使った資料をSlideShareにアップしておきました。

まとめ

簡単なGemは、初めてでも簡単に読むことができます。
今までGemを使うだけだった人は、ステップアップに是非読んでみると良いと思います。
はまったときのトラブル解決に役立つだけでなく、高品質なコードに触れることで自分のスキルアップにも必ず役立ちます。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ