android-support-v4.jarのリビジョンを調べる

Androidアプリ開発では必須になったSupport Library
最近のADTではプロジェクトを作ると自動的にlibsに含めてくれたりします。

Support Libraryは更新も割と活発なのですが、ところでこのリポジトリに含まれているandroid-support-v4.jarはrevisionいくつなんだ?となることが頻繁にあります。

何も考えずに最新版に更新しておけば良いプロジェクトなら楽なのですが、以下のようなこともありますよね。

  • ライブラリプロジェクトは更新できず、同じリビジョンを使わなければいけない
  • 旧バージョンのドキュメント化されていない仕様に依存したコードがあり、そのコードのドキュメントを後から書いている。「本プロジェクトはrevision xxxに依存」と書かなくてはならないことに気がついた

しかし、リポジトリに入ったjarファイルを見ても、どこにもリビジョン情報は書いてありません。
公式ページに行っても、MD5も何も書いてありません。

そんなときは、慌てず騒がず以下のページを活用させて頂きましょう。

https://github.com/mastro/android-support-library-archive/blob/master/HASHES.md

これで、md5sum libs/android-support-v4.jarするだけでリビジョンが分かりますね!

Android StudioだとデフォルトでGradleの設定に書いてくれるんですかね?使ってないから知らないです…

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ