PythonのSQLite3で検索するとIncorrect number of bindings supplied. The current statement uses 1, 10 supplied.と表示される

最近の言語はSQLite3のライブラリが入っていることが多いですね。

Python 2.6でも簡単で、

import sqlite3
db = sqlite3.connect('data.db')
db.execute('create table users (id integer primary key, name text, age integer)')
db.execute('insert into users (name, age) values (?, ?)', ('yamada', 21))

のように簡単に扱えます。

ところが、使い方を間違えると

Incorrect number of bindings supplied. The current statement uses 1, 10 supplied.

のようなエラーが出てしまうことがあります。

解決方法

原因は単純。

executeの第2引数はタプルにしないといけません。

項目が1個のとき、()で囲んだだけだとダメですね・・・

#ダメな例
db.execute('select * from users where name = ?', ('yamada'))

#良い例
db.execute('select * from users where name = ?', ('yamada',))

基本的ですが、普段別の言語を書いていると気づくのが遅れます。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ