Rails: api.rubyonrails.orgで過去バージョンのAPIドキュメントを参照できるURLリスト

小ネタで恐縮です。 RailsのAPI検索といえば、複数バージョンを串刺し検索できる以下のAPIdock.comが長らく定番でしたが、惜しくも4.2.7で更新が停止したままです😢。 サイト: Ruby on Rails - APIdock apidock.comより api.rubyonrails.orgは名前からして公式のRails APIドキュメントサイトで、Railsの更新も即座に反映されているようですが、惜しくも最新版しか表示できません。 サイト: Ruby on Rails API api.rubyonrails.orgより と、さっきまで思っていました。 しかしたまたま、以下のURLで過去のAPIドキュメントページを表示できることがわかりました。 api.rubyonrails.orgの過去バージョンURL 以下のリストのバージョンのパッチ番号は、それぞれ各メジャー/マイナーバージョンの最終パッチ番号です。 Rails v1: 見当たらず Rails v2.3.11: https://api.rubyonrails.org/v2.3.11/ Rails v3.0.9: https://api.rubyonrails.org/v3.0.9/ Rails v3.1.3: https://api.rubyonrails.org/v3.1.3/ Rails v3.2.22.5: https://api.rubyonrails.org/v3.2.22.5/ Rails v4.0.13: https://api.rubyonrails.org/v4.0.13/ Rails v4.1.16: https://api.rubyonrails.org/v4.1.16/ Rails v4.2.11: https://api.rubyonrails.org/v4.2.11/ Rails v5.0.7.1: https://api.rubyonrails.org/v5.0.7.1/ Rails v5.1.6.1: https://api.rubyonrails.org/v5.1.6.1/ Rails v5.2.2: https://api.rubyonrails.org/v5.2.2/ — 現時点の最新安定版 たとえばURLの/v4.1.16/を/v4.1.15/に変更すると、そのパッチ番号のAPIドキュメントを表示できます(すべてのパッチ番号を確認したわけではありませんが)。 参考: セマンティック バージョニング 2.0.0 | Semantic Versioning Rails v2.3.11まで遡ると、ドキュメントのスタイルが現在とだいぶ異なっていますね↓。検索窓もありません😓。 api.rubyonrails.org/v2.3.11より なお、該当メジャー/マイナーバージョンがない場合はhttps://edgeapi.rubyonrails.org/にリダイレクトされます。 edgeapiには現在Rails 6のAPIドキュメントが置かれています。 とはいうものの、api.rubyonrails.orgで複数バージョンのAPIドキュメントを串刺し検索できないことに変わりはありません。もうちょっとナビゲーションが親切だったら…。 Railsガイド英語版でも同じ方法が使える 同じ方法が英語版のRailsガイド↓でもできることがわかりました。 サイト: Ruby on Rails guides 冗長なのでリストにはしませんが、https://guides.rubyonrails.org/をhttps://guides.rubyonrails.org/v2.3.11/のようにすることで過去バージョンのRailsガイドを表示できます。 上記APIドキュメントと同じバージョンがすべてあるかどうかまでは確認していません。少なくともv1.xはないようです。 おたより発掘 Rails: https://t.co/RplgQ4sC6aで過去バージョンのAPIドキュメントを参照できるURLリスト .https://t.co/MYS4wqqP26 これはよく使ってる。少なくとも4.2以降のバージョンは全部あった気がする。昔のはわからんけど。 — ゆうじ@カメさんそろそろコタツはじめました (@yuji_developer) January 22, 2019