週刊Railsウォッチ(20190521-2/2後編)サーバーレスクラウドのベンチマーク比較サイト、VueJSパフォーマンス向上、GraalVM 19.0ほか

こんにちは、hachi8833です。5月とは思えない風雨がやっと収まりましたね。 各記事冒頭には⚓でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です? 毎月第一木曜日に「公開つっつき会」を開催しています: お気軽にご応募ください ⚓お知らせ: 第11回公開つっつき会(無料) 応募先: 週刊Railsウォッチ公開つっつき会 第11回|IT勉強会ならTECH PLAY[テックプレイ] 第11回目を迎えた公開つっつき会は6月6日(木)19:30〜にBPS会議スペースにて開催されます。皆さまのお気軽なご参加をお待ちしております?。 ⚓クラウド/コンテナ/インフラ/Linux/Serverless ⚓serverless-benchmark.com: サーバーレスクラウドのベンチマーク比較サイト サイト: λ Serverless Benchmark 同サイトより つっつきボイス:「以前ウォッチで紹介した以下の記事に『もっと新しくて信頼できるサイトを公開した』と追記されていたので」「なるほど、同じコードをいろんなクラウドに置いて、コールドスタートに要する時間などのパフォーマンスを比較していると」「『Become a sponsor』バナーが並んでる?」 参考: The largest benchmark of Serverless providers. – elbstack – Medium 「基本的に他人が行ったベンチマークは参考値程度に考えるしかありませんね?」「どんなコードを実行するかで結果がいくらでも変わり得るし?」「LambdaにJavaのコードを置けば起動が遅くなるし?」 「言い換えれば、自分の欲しいベンチマークは自分で取るしかない☺️」「もちろん、他人がすべて作ったコードを使う前提で、それを使った他人のベンチマークを採用する分にはいいんですが、自分で書いたコードを動かそうとしているときに他人の取ったベンチマークを当てにして採用するのはマジで意味がありません?」「たしかに?」 「他人が取ったベンチマークだとコードがそのベンチマークに最適化されていることもありうるし、ひどい場合は明らかに特定のベンチマーク構成に対して不利なコードを使ってるかもしれないし」「こういうベンチマークを選定の最初の段階である程度参考にするのはもちろん構いませんが、最終的に欲しいベンチマークは自分で取りましょう☺️」「ガッテンです」 「お、クラウドごとのパーセンタイルの分散って結構違うのか↓、へ〜」「ほんとだ、グラフをマウスオーバーすると値が出ますね」「こういう情報を表すのが、たしかCDFと言われるものだった」「ググったらCummurative Distributed Function(累積分布関数)というのが見つかりました」「そのまんまの日本語??」 serverless-benchmark.comより 参考: 累積分布関数 - Wikipedia 「CDFはパフォーマンス計測でもよく使われるもので、必ず右肩上がりの分布になる: これで特定の範囲内に何パーセンタイルが収まっているかを表したりしますね」「なるほど!」「maxとminをチェックするだけだと役に立たないことが多いので、こういう『全体の90%がこの範囲に収まる』みたいな分布の傾向を見るのにCDFが使われたりします」 参考: パーセントとパーセンタイルの違い | 統計学が わかった! 「ベンチマークを見ると、Cloudflareもサーバーレスやってるんですね」 サイト: … Continue reading 週刊Railsウォッチ(20190521-2/2後編)サーバーレスクラウドのベンチマーク比較サイト、VueJSパフォーマンス向上、GraalVM 19.0ほか