銀座Rails#11で「出張Railsウォッチ」発表させていただきました

morimorihogeです。急に蒸し暑くなってつらい。

2019/07/24(水)に開催された銀座Rails#11 @リンクアンドモチベーションでTechRachoの週刊Railsウォッチの出張版ということで参加させていただきました。スライドは以下の通りです。
いつもTechRachoに記事を書いてもらっている八田さん(@hachi8833)にも参加してもらいました。

今回は懇親会の最初の余興的に入れてもらったということで、なるべく参加者の皆さんがお互いの属性を認識できるような内容にしようと思い、あまり細かい内容はスライドにfixせずにやってみました。
懇親会って既に知り合いがいる人は話しかけやすいのですが、誰も知り合いがいない参加者は声かけづらいよなあというところもあると思っていたので、参加者の皆さんの交流をサポートできればなあ、という問題意識でした。

15分くらいの短い時間でざざっとやってみましたが、口頭アンケートご協力頂いた皆様、ありがとうございました!

感想と反省など

今回やってみて感じたことは以下の通りです。

  • アンケート(といっても手を挙げてもらう程度の形式)は人数が多いと思ったより時間がかかることがわかった
  • 事前に参加者に重点的に追いかけていってほしい部分などを聞いておけると、準備含めてもっと刺さりやすい内容にできたと反省
  • TechRacho / 週刊Railsウォッチは(少なくとも関東圏の)Ruby/Railsエンジニアにはかなり知名度が上がっているので、発表内容の精度や言い回しなどの品質をよりUPしていく必要がありそう

次回の銀座Rails#12@DeNAでは開始トップバッターに発表の時間を頂いたので、次は1~2週間前から仕込みをし、より良い感じにできるように改善していきたいと思います。

それまでの間でも何かご意見・ご要望などありましたらTwitterにて@morimorihoge@hachi8833までお気軽にお声掛けください。よろしくお願いします。

週刊Railsウォッチ 公開つっつき会のお知らせ

週刊Railsウォッチでも告知させていただいていますが、来週8/1(木)19:30より、弊社会議スペースにて毎月恒例の週刊Railsウォッチ 公開つっつき会を開催します。
本記事執筆中はまだ空き席ありますので、もし興味のある方はぜひご参加下さい。意外とRails初心者やメインがRails開発でない方も参加されてたりするので、懐は広いです :)

TECHPLAY: 週刊Railsウォッチ公開つっつき会 第13回

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

morimorihoge

高校卒業後,学生をやりながらずっとWebアプリ開発に携わってきました.2010くらいまではPHP/Symfonyプログラマでしたが,それ以降のWeb開発はRailsほぼ一本に宗旨替えしました.開発とは別にサーバ構築・運用も10年以上やってきているので,要件定義から設計・実装・環境構築・運用まで一通り何でもこなせます.開発以外では季節により大学でWebサービス開発やプログラミング関連の非常勤講師もしており,技術の啓蒙・教育にも積極的に関わっています.最近はPM的な仕事が増えていますが,現役開発者としていつでも動ける程度にはコードもサーバも弄る日々を送っています.AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトレベル取りました

morimorihogeの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ