漫画翻訳のナンバリング作業時間を大幅に短縮するウェブツール、ようやく紹介資料ができました

こんにちは。BPSの渡辺です。いつもTechRachoをご覧頂いている読者の皆さま、いつも本当にありがとうございます。弊社漫画翻訳事業メンバーがいつのまにか開発して取引先に導入してたウェブツールの紹介をさせていただきます。忙しくて紹介ページも作ってなかったみたいなので。。本当はもっとちゃんとしたWEBページを作成したいのですが、皆の時間をさらにとっちゃうので、今年度内は取り急ぎTechRacho記事で紹介ページの代用とさせていただきます。ご興味をもっていただいた方はぜひ導入方法や金額や導入実績について弊社ホームページよりお問い合わせください。 追記:漫画翻訳と写植を支援するウェブツールの正式LPを公開しました。 意外と需要があったのか、問い合わせもふえ、ナンバルンバのちゃんとしたWEBページを用意しました。こちらをご覧ください。 https://numbalumba.bpsinc.jp/ ナンバリング特化サービス Nunba Lumba(ナンバルンバ) ナンバリングとは ナンバリングは、漫画を翻訳したりや写植するときに使う仕組みで、新たに翻訳したテキストに該当するセリフはどこか?を明らかにするための作業です。これを行うと、写植の作業者が翻訳前と翻訳後の両方の言語を理解していなくても間違ったところに翻訳したセリフを配置しなくなる、というメリットがあります。 ナンバリングの問題点 従来のナンバリング作業では、エクセルなどで翻訳前の台詞をわざわざ文字起こしをし、画像ファイルを開きPDF等にして番号をつけ、その後に再度エクセルに翻訳テキストをセリフのとなりに打ち込んでいくというものでした。まずエクセルですとスペルチェックが行われないためスペルや構文の誤りを目視で確認することが難しく、ミスが発生する原因になります。次に、元言語も翻訳後の言語も扱えない作業者がテキストを配置するときに、文字起こしされているとはいえそもそも認識できないため、ミスが起こりやすい状況でした。 Nunba Lumba(ナンバルンバ)とは Nunba Lumba(ナンバルンバ)は、弊社の翻訳・写植作業者の声で生まれたシステムです。 クリック一つでナンバリングでき、ナンバリングされた画像データと同時にその番号リストを作成してくれるので文字起こしの作業をなくします。視覚的にセリフに番号をつけるだけでなく、システムで完全に一致した番号リストが作成できる仕組みなため、手作業でのナンバリング作業で発生するミス(画像とテキストで番号がズレたり)が起きにくくなります。加えて作業速度が早まり、かつ、複数の言語で何度もナンバリングし直す必要がなくなり、効率面でもコスト面でも強い見方になってくれます。 ナンバリング特化サービス Nunba Lumba(ナンバルンバ)のご紹介資料     ナンバリング特化サービス Nunba Lumba(ナンバルンバ)についてのお問い合わせ ご興味をもっていただいた方はぜひ弊社ホームページよりお問い合わせください。ここまでご覧いただき、誠にありがとうございます。今後ともBPS株式会社をよろしくお願い申し上げます。これ以降のコンテンツは、検索エンジンを使ってナンバルンバのようなシステムを求められているお客様が無事弊社ページにたどり着けるよう資料を文字起こししただけです。弊社商材およびTechRachoをご覧いただき重ね重ねお礼申し上げます。 漫画翻訳写植のためのナンバリングシステム「ナンバルンバ」資料の文字起こし ナンバリング特化サービス Nunba Lumbaのご紹介 BPS株式会社 ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ株式会社 Numba Lumba3つの特徴 スピーディにナンバリング! で誰でもすぐに使える! 完成データはでPDFとcsvに! ドラッグで囲うと赤線枠付きナンバリング! ダブルクリックでその場にナンバリング! ※赤枠無し 慣れれば約10秒で、 左図ページのナンバリング作業完了! スピーディにナンバリング! ナンバリング作業の効率化に! ファイル 解凍 セットアップ ID設定などなど 利用開始! DL 面倒なセットアップは一切不要! URLにアクセス 利用開始! URLアクセスで利用開始。操作も簡単! で誰でもすぐに使える! PDF … Continue reading 漫画翻訳のナンバリング作業時間を大幅に短縮するウェブツール、ようやく紹介資料ができました