Photoshopで写真レタッチ!昼の風景をクリスマスの夜に変えてみよう

こんにちは。デザインチームのスギムラです。 前々回の記事でHiGH&LOWの話題に触れましたが新作も見てきました。FINAL MISSONと銘打ってるだけあって、終盤で今までの各シリーズのタイトルが最高にかっこいいテーマ曲とともに(なぜか)流れるシーンで目頭が熱くなりました。 さて、今回は「アドベントカレンダー企画だしクリスマスらしい記事が書きたいなぁ~」とネタを探していたらニシさんに写真レタッチネタで記事書こうと無茶ぶりされました。許さないとおもいつつやってみようと思います。 お題:「下記の写真をクリスマス風にする」 グリンデルワルトの冬(スイス) 素材提供元:PAKUTASO/ぱくたそ 写真もニシさんが選んで渡してきました。逃げられない。 というわけで今回はPhotoshopを使って何の変哲もない風景写真をクリスマスっぽい写真にしてみるレタッチのチュートリアルをご紹介します。 初心者向けではないので機能の説明とかは無いです!すみません。 まずは写真をどんな風にレタッチするか考える クリスマスといえば夜のイメージがつよいですね。そしてイルミネーションがつきものです。なのでまずは写真を夜に変えることから始めます。 「クリスマス」「イルミネーション」「夜」の写真がどんなものか調べてみる 「夜の写真」といわれても漠然としすぎていますし、自分の頭の中のイメージだけでは限界があります。 写真レタッチをする場合は、イメージが近い写真を集めて明確なゴール地点を定めてから作った方がぐっとクオリティの高いものができます。 なので実際に手を動かす前にGoogleの画像検索や写真素材を扱うサイトで、ゴールに近い写真を検索してイメージを固めてみましょう。 今回はamana imagesで調べてみました(写真素材のクオリティがとっても高い!) ゴールが見えてきました。夜といってもただ黒く・暗くすればいいわけでなく、青っぽい方がより「冬の寒い夜」「クリスマス」の雰囲気が出ることがわかります。 写真の雰囲気は青っぽく 夜なので暗いところは昼間よりも濃い影になる(コントラストが強い) 家から漏れる光は暖色系である(クリスマスらしい温かみも出る) などなど、ポイントを押さえてみるとするべき作業が見えてきました。 では、次項から実際に手を動かしてみます。 目次 まずはざっくりとした作業工程です。 昼の風景を夜にする 曇空を夜空にする 窓の光とイルミネーションを追加 おまけの街灯レタッチ 1. 昼の風景を夜にする 「レンズフィルター」レイヤー>「カスタム」を選択し、ざっくり青い色をのせてみます。 青くなりましたが、青くなっただけなので全然夜っぽくないです。全体を暗くしてみます。 「トーンカーブ」レイヤーで一気に全体を暗くします。 暗くなりました。一気に夜感が出てきています。 前述で参考にしている写真達に比べると、青みがまだまだ足りないのでさらに「レンズフィルター」レイヤーを作成して様子を見てみます。 おぉ、かなり雰囲気が出てきました。 最後に明るい部分と影部分のコントラストを強調&もう少し青みを強くするために「トーンカーブ」レイヤーを作成して微調整。 2018/10/29追記:この時トーンカーブおよび調整レイヤーは必ず「街」レイヤーに対してすべてクリッピングマスク設定をしてください(下記画像参照) 設定をしないと、次項で出てくる星空レイヤーにまで街レイヤーのトーン調整が影響してしまいます。 (中級向けなのでクリッピングマスクの細かい説明はここでは割愛) 夜の街の下地が完成しました。これだけでもなかなか雰囲気が出てきました。 2. 曇空を夜空にする ここで山の向こうに見える曇り空が気になってきます。ホワイトクリスマスもいいですが今回は満点の星空にしてみます。 素材提供元:PAKUTASO/ぱくたそ 星空がキレイな北アルプス ぱくたそからさらに星空の素材をお借りします。 合成元が山間なのでこちらも山間の素材です。できるだけ撮影環境が近い方が素材同士を合わせるのが簡単です。 まずは曇り空部分を切り抜きます(調整したレイヤーは一旦非表示にしています) 選択ツールでざっくり曇り空を消した後、ブラシで細かいところを修正してます。 ある程度ならPhotoshopの機能頼りできれいに消せますが、やはり最後は手作業に勝るものはない…。 切り抜きした背景に合わせて星空の素材を配置、調整レイヤーを表示させると… 山の向こうに満天の星空が合成できました! … Continue reading Photoshopで写真レタッチ!昼の風景をクリスマスの夜に変えてみよう