[PHP] XMLRPCでhttpsのSSL証明書チェックを無効にする方法

XML-RPCで、サーバ側にhttpsを使用する場合、クライアント側でcURLがSSLを認証できないとエラーになることがあります。

これは、cURLにSSLの証明書が入っていないのが原因です。

(Curl returned non-null errno 60:SSL certificate problem, verify that the CA cert is OK.
Details:error:14090086:SSL routines:SSL3_GET_SERVER_CERTIFICATE:certificate verify failed)

解決方法

そこで、証明書のチェックを無効化します。
生PHPでcurlをたたく場合、以下のようにします。

$ch = curl_init();
curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, FALSE);
curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYHOST, FALSE);

PEAR::XML_RPC2を使う場合、以下のように、’sslverify’をfalseに指定します。

$options = array('debug' => false, 'sslverify' => false);
$url = "http://example.com/xmlrpc.php";
$this->client = XML_RPC2_Client::create($api, $options);
デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ