[iOS/iPhone] Cookieの扱いについて

最近は地味にiPhone SDKで試行錯誤中です。

基本的な内容ばかりになると思いますが、気づいた点を書いていこうと思います。

今日はCookieについて。

単純なHTTPリクエストのCookie

まず、一番単純なHTTPリクエストは、以下のようなコードで実行できます。
(実際は同期通信だと色々まずいので、非同期通信を使うことが多いと思います)

NSURLRequest *request = [NSURLRequest requestWithURL:[NSURL URLWithString:@"https://www.bpsinc.jp"]];
NSURLResponse *response;
NSError *error;
NSData *data = [NSURLConnection sendSynchronousRequest:request returningResponse:&response error:&error];

//結果を表示
NSString *str = [[NSString alloc]initWithData:data encoding:NSUTF8StringEncoding];
NSLog(@"%@", str);

この際、サーバ側でセッションを開始するなどしてCookieの発行を指示した場合、レスポンスヘッダにSet-Cookieが入ります。
これを受け取ると、NSURLConnectionが自動的にCookieを保存してくれます。
そのため、次回同じURLにリクエストした場合、保存されているCookieが送信されます。

Cookieの取得方法

このCookieを取得するには、以下のような手順を踏みます。

NSHTTPCookieStorage *storage = [NSHTTPCookieStorage sharedHTTPCookieStorage];
NSArray *cookies = [storage cookies]; //cookiesForURLで絞り込みもOK
for (int i = 0; i < [cookies count]; i++) {
    NSHTTPCookie *cookie = [cookies objectAtIndex:i];
    [storage deleteCookie:cookie]; //削除する
}

これで、セッションの強制的な解除などが実現できます。

NSHTTPCookieStorageに保存されているCookieは、Safariなどと共有されているらしいです。

このあたりはもう少し実験してみようと思います。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ