Twitterウィジェットで日本語検索対応

TwitterをWebページに埋め込むのに、簡単なのは公式ウィジェットを使うことです。

これを使えば、特定のキーワードにマッチするつぶやきをリアルタイムで取得できます。
http://twitter.com/goodies/widget_search

ところが、ここのプレビュー画面だと日本語検索に対応していますが、出力されたコードを設置すると、日本語キーワードを使った場合にエラーが出てしまいます。

例:「子育て」で検索した際のエラー
syntax error
http://search.twitter.com/search.json?q=-RT%20%u5B50%u80B2%u3066&callback=TWTR.Widget.receiveCallback_1&rpp=30&clientsource=TWITTERINC_WIDGET
Line 1

見て分かるとおり、URLエンコードの形式が変になっていますね。

この場合、読み込むwidget.jsをプレビュー画面と同じものに切り替えてあげれば動きました。

<!-- これなら日本語OK -->
<script src="http://twitter.com/javascripts/widgets/widget.js"></script>

<!-- このコードが生成されるが、これは日本語不可 -->
<script src="http://widgets.twimg.com/j/2/widget.js"></script>

非公式なので、変わるかもしれませんが・・・

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ