XAMPPでRailsのProxy

Railsで開発する際は、素直にRadRailsのボタンでサーバを起動してしまうのが楽で良いです。
例:http://localhost:3000

しかし、ポート番号ではなく好きな名前でアクセスしたいこともあります。
また、Rails 2.3には、prefix(ドメイン直下以外にアプリを配置)にバグがあるため、それをローカルで試したいこともあるかもしれません。

XAMPPだけで普段はサーバ作業に触れない人には馴染みが薄いかもしれませんが、Apacheなので、たんなるProxyならかんたんです。
例:http://localhost/myapp

<VirtualHost *:80>
	ProxyRequests Off
	<Proxy *>
		Order deny,allow
		Allow from all
	</Proxy>
	ProxyPass /myapp http://localhost:3000
	ProxyPassReverse /myapp http://localhost:3000
</VirtualHost>

なお、肝心のPrefixバグの対策は、システムチームの伊藤がブログを書いていますのでご覧下さい。
//www.bpsinc.jp/blog/archives/1579

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ

BPSアドベントカレンダー