FINAL FANTASY XIV Official Benchmarkをやってみた

※日曜日なので許してください。

FF14のαテスターに当選したものの、うっかり期限を逃してしまいました。もったいない。

仕方なく、ベンチだけやってみました。

CPU: Core i7 920 定格(初期ステッピング)
MB: Rampage II Extreme
Mem: DDR3-1333 6GB
GPU: Radeon HD3650 512MB
HDD: WD10EADS

結果は以下の通りです。

LOW設定 944点

LOW設定 944点

HIGH設定 464点

HIGH設定 464点

なお、スコアの基準はこのようになっています。

【8000~】 非常に快適
非常に快適に動作すると思われます。お好みの設定でお楽しみください。
【5500~7999】 とても快適
とても快適な動作が見込めます。描画クオリティを高めに設定しても、とても快適に動作すると思われます。
【4500~5499】 快適
快適な動作が見込めます。描画クオリティを高めにしても快適に動作すると思われます。
【3000~4499】 やや快適
標準的な動作が見込めます。余裕が有れば描画クオリティの調整をお勧めいたします。
【2500~2999】 普通
標準的な動作が見込めます。
【2000~2499】 やや重い
ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はコンフィグにて調整する事をお勧めいたします。
【1500~1999】 重い
ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。コンフィグで調整をした場合でも、あまり改善は見込めません。
【1500 未満】 動作困難
動作に必要な性能を満たしていません。

どうやら、HD3650なんて使っている人はお呼びじゃないみたいです。そういえば、久しくグラボ買ってない。

FF11は、メモリ64MBのMobility Radeon 9000で普通に動いたのに・・・
さすがに8年もたつと、桁が何個が違いますね。

ところで、PS3ってGeForce 7800GTXベースなのに、よくこんなの動かせますね。やっぱゲーム開発ははんぱない。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ