Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • 開発

Google Chrome 6でHTTPSの警告が変わっている

メモリを食うものの、軽快な動作でとても快適なGoogle Chrome。

バージョン6になってから(?)、アドレスバーのHTTPS警告が厳しくなったようです。

今までは、
・フルSSLのページ→緑
・SSLだけど一部SSLじゃないコンテンツが含まれる→黄色
・オレオレ証明書、期限切れ証明書、サーバ名が違う証明書→赤
だったのですが、

新しいChromeでは、証明書が正しくても、NonSSLのスクリプト類が含まれる場合、赤になるようです。
たとえばhttps://twitter.comが偽サイトみたいになってしまいました。

サイト制作者は、信頼を損なわないように気をつけないといけませんね。

正常なSSL

正常なSSL

HTTPの画像が含まれるページ

HTTPの画像が含まれるページ

HTTPのスクリプト類が含まれるページ

HTTPのスクリプト類が含まれるページ

正常なSSLのタイトルバー

正常なSSLのタイトルバー

HTTPの画像が含まれるアドレスバー

HTTPの画像が含まれるアドレスバー

HTTPのスクリプト類が含まれるアドレスバー

HTTPのスクリプト類が含まれるアドレスバー

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。