memo: jenkins xvfb

Jenkinsでselenium driverを使うときのメモです。

sudo apt-get install firefox xvfb

あとは、jenkinsのmanage pluginsでXvfb pluginを入れればOK。

デフォルトではインストールパスが設定されていますが、実際のパスと違ってエラーになったので、めんどくさいから空にすれば動きます。

ここを空にする

各プロジェクトのconfigurationで、「Start Xvfb before the build, and shut it down after.」にチェックを入れるだけで良いので、非常に簡単です。

以上、メモでした。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ